必修科目をオンライン英会話で予習

講師と1対1の関係

オンライン英会話では、講師と1対1での指導が行われるケースが多くなっています。マンツーマンであるために、必然的に自分からも発話する必要があり、会話を積極的に行うインセンティヴとなります。英会話の学習において日本人が陥りやすいパターンとして、自分の英語が正しいかどうかに自信が持てないがゆえに発話せず、発話市内からより一層英語表現がみにつかないという悪循環があります。1対1の指導であれば、他の人間の目を着にする必要も全くなく、講師1人だけとの関係で学習を進められるので、発話しやすくなります。また、些細なことでもいつでも質問できる環境が整えられるため、消化不良のまま漫然と学習を進めてしまうリスクが低下します。年少者の学習の際にも、集団の平均レベルに合わせた授業ではなく、個人に合わせたオーダーメイドの指導が受けられるため、必修化の方向に進んでいる英語を先取り学習したりする際にも1対1指導は有効になります。