必修科目をオンライン英会話で予習

マンツーマンでのスタイル

マンツーマンでのスタイルの授業は、周りに気を使う必要がありません。周りの人のことを気にすることなく、自由に質問をすることができます。マンツーマンスタイルの授業のいいところは、自分が理解するまで質問をすることができますし、自分の理解度に合わせて授業を進めてもらうことができるところです。そのため、自分だけ理解ができていなくて、置いてけぼりになってしまう心配がありません。自分が、人よりも理解力がないと感じている場合や、苦手科目の場合は、集団での授業よりもマンツーマンをおすすめします。最近では、マンツーマン授業をオンラインで受けることもできてとても便利です。あまりにも初歩的な質問は、集団で受ける授業の場合は、恥ずかしくて聞くことができない場合があります。しかし、マンツーマンでのスタイルの授業であれば、生徒は自分一人しかいないので、堂々とどんな質問でもすることができます。周りの目を気にしがちな方も向いているスタイルです。生徒が自分一人だけであれば、分からない部分も徹底的に質問することができます。集団の授業の場合は、自分の質問ばかりするわけにはいきませんので、授業が終わってから質問をすることになります。しかし、授業の間に質問をして疑問点も解決することができるので、とても安心です。マンツーマンであれば、リラックスして授業を受けることができます。教室の人数が多いと、どうしても周囲に気を使うものです。一生懸命勉強をしたいと思っていても、周囲に気を使うとなかなか集中することができないという人もいます。周りに気を使うことなく、集中したいと思っているのであれば、マンツーマンがおすすめです。先生と二人で楽しく授業をすすめていくことができるので、身につきも速いものです。気になる部分もすぐに質問して解決できますし、速いペースで授業をすすめてもらうこともできます。マンツーマンの場合は、まわりに気をつかう必要もないので、ストレスもたまりません。

講師と1対1の関係

オンライン英会話では、講師と1対1での指導が行われるケースが多くなっています。マンツーマンであるために、必然的に自分からも発話する必要があり、会話を積極的に行うインセンティヴとなります。英会話の学習において日本人が陥りやすいパターンとして、自分の英語が正しいかどうかに → 続く・・・